個人投資家として闘うならば海外投資家の動きを考える

投資の世界は不思議です。

特に、日経225先物のマーケットは魅力的ですね。

それにしても、なぜ個人投資家は多くの損失を出してしまい、1年以内にマーケットから撤退してしまうのでしょうか。

それは、心理的な要因=損失という関係性が成立しているからでしょう。

もう一つの理由があります。

マーケットは、個人投資家をロスカットへ誘うような仕組みだからです。

ちなみに、日経225先物の投資をする場合。

まず、証券会社による売買手数料が発生します。さらに、新規エントリーする時点で、価格の誤差=スリッページが発生します。つまり、個人投資家は、いきなり損失の状態からスタートしなければなりません。

この内容を頭に入れておかなければ、エントリーした後にパニックに陥ります。さらに、少額の手数料であってもトレーディングの命を奪う引き金にもなります。

当然、決済する時も手数料が発生します。それは、成り行きでも指値でも同じことです。売買の往復分の手数料は必ず発生します。

そして、証券会社によって手数料は異なります。その代わり、無料で取引ツールが使用できると考えれば、申し分のないと思えば良いのかも知れませんね。

海外投資家たちは利益を出し続けている

海外投資家は投資のプロです。

どのような相場であっても、トレード戦略に改善をしながら収益を出し続けているのです。それは、海外投資家の動向を見ればわかります。

一方、個人投資家は、1年以内に9割以上の方がマーケットから撤退してしまいます。その様なリスクも受け入れなければなりません。

日経225先物は、ゼロサムゲームにはなりません。

そして、いざマーケットに参加すれば、一気に戦場の雰囲気になります。投資をしている時、パソコンの画面と向き合っているので分かりにくいですが、有名なGSゴールドマン・サックス証券、CSクレディ・スイス証券など。

とにかく、投資のプロである海外投資家たちも、あなたと同じ土俵入りしていることを忘れてはならない。

基本的に、チャートの型は海外投資家たちによって設計されているでしょう。それに対して、自分の動きを順応させることが、相場においてとても大切になります。

長期的な計画を考えて収益を向上させる

投資で、もっとも稼げる手法は「デイトレード」でしょう。

しかし、デイトレードの難易度は高いです。普通の投資家が習得できるような手法ではありません。

大切なことは、1年間を考えて収支をプラスに変えることです。日経225先物は、中期的な戦略を考えるのに、とても最適なマーケットであると考えています。

目標として、投資資金100万円⇒元本2.0倍=200万円です。

あとは、複利運用すれば5年間で2500万円以上に膨らみます。

とにかく、目先の利益はあとに回せばよい。

基本的に投資のチャンスなんて滅多にありません。そのチャンスがいつ来るのかも分かりません。ある日突然やってくるのです。

そのために、どれだけの心構えと準備をしてきたかによって収益の度合いも変化していきます。相場の動きというのは非常に乱暴なモノなんです。いかに、そのタイミングに対して、上手に合わせることができるのか重要になります。