日経225先物投資で負けてしまうのは準備不足のせいでもある

この世の中には、投資のカテゴリーというのはたくさんあります。

例えば、株式投資、日経225先物、先物オプション。

さらに、米国株、為替FX、仮想通貨、債券、不動産など。

その中から、どうして日経225先物投資を選んだのか。

例えば、株式投資⇒日経225先物投資へチェンジした方は「銘柄選び不要」とか「売りから入る」など。それなりの理由があると思います。

では、実際に日経225先物投資をやってみたところ、株式投資よりも儲けることができましたか?そうならば問題ありません。そのまま順調にトレードしていきましょう。

もしくは利益が得られない状況でしょうか?

もしも、そういう状況になっているのであれば、それは準備不足が原因かもしれません。

海外投資家の存在を理解する

まず、マーケットの中心は海外投資家になります。

彼らが、マーケットメーカーであることは間違いありません。

例えば、GSゴールドマン証券、CSクレディスイス証券など。

有名な海外投資家たちが、「高速AI取引」を駆使してトレードしているわけです。

特に、日経225先物市場におけるAI取引は優秀なのでしょう。そのアルゴリズムや投資戦略。そして、資金管理、建玉の量、仕掛ける手法などのレベルは超怪物級です。

われわれ個人投資家が勝てるような相手ではありません。

価格は、長期的な上昇トレンドが継続しているのにもかかわらず、短期的な下落の局面が起こる。このように、個人投資家を混乱させるようなチャートを作ることが得意なんです。

現代のトレードにおいて、彼らの動きに抵抗しながら逆張りすることは禁物です。とにかく、チャートの波に順張りしながら、上手に乗らなければなりません。

相場の波は何度も繰りかえす

相場というのは「上昇、下落、停滞」の3つが繰り返されて変動するわけです。つまり上昇し続けることなどありませんし、下落し続けることなどありません。

・上昇したトレンドはやがて転換期を迎えて下落する
・下落したトレンドはやがて転換期を迎えて上昇する
・停滞したトレンドはやがて転換期を迎えて上下する

この転換する価格を見逃さずにエントリーできれば、誰よりも儲けることができます。つまり天井と大底の位置ということです。

しかし「高値の位置」や「安値の位置」を推測するというのは相当難しいでしょう。なぜなら明確な「解答」がないからです。

というよりも「天井」と「大底」の位置は当てなくても問題ありません。大切なのはそのあと転換期を迎えた方向性に対して、しっかりエントリーできたかどうかです。

何度も同じトレード戦略を繰り返す

もし収益を積み重ねられるようになったら、そのトレード戦略を繰り返す必要があります。

逆にトレードが上手くいかなかったら、その手法を2度と繰り返さない努力をすることです。おそらく利益が得られていない状況というのは、自分の「悪い癖」がトレードに影響している場合が多いです。

そして自分自身の事なので、客観的に把握する為には時間がかかります。つまり、失敗の原因に気づかないまま、悪い癖に取りつかれてしまう可能性があります。

そうなってしまうと負のスパイラルに陥ってしまう。もし、連続して損失になるようであれば、それは小休止のサインです。いったん相場から退いて、自己分析に時間を割いた方が良いかも知れません。

建玉の量を減らす

もし新規エントリー後にドキドキしながら、トレードしているとしたら建玉の量が大きいかもしれません。いったん相場に参加すると何が起こるかわかりません。

細心の注意を考えておかなければならないし、なるべくリラックスした状態で相場に望まなければなりません。つまり資金管理を徹底することはメンタル管理にもつながります。

まず、心が落ち着かないようであれば建玉の量を減らすことをお勧めします。

エントリーには勢いが必要です

相場において無理をする必要はありませんが、勢いをつけてエントリーする事は大切です。つまり、相場を眺めているだけでは利益を得られません。

よくあるパターンとして、一度エントリーした位置で失敗してしまった場合に、次回チャンスがあっても躊躇してしまう事です。

たとえばレンジブレイクパターン。

1度目はレンジブレイクせずにダマしに遭遇してロスカット。

2度目のときに再度レンジブレイクに向かう事が多いのです。

1度目で失敗しているので、2度目はエントリーしない。

しかし、2度目はレンジブレイクして上昇して行く。

こういう時、自分のエントリーポイントとタイミングが合っていないのです。しかし、これは仕方のない事です。なぜなら海外投資家がそのようなチャートを作り上げて仕掛けをしているからです。

そこを回避するというよりも、何度もついて行くことが大切です。

同じタイミングでリトライすることは間違いではありません。何度でも挑戦する勢いが大切です。臆病になってチャンスを逃してはいけません。

すべてにおいて準備が大切です

投資においては、すべて準備から始まります。準備不足のままトレードしてしまうと、海外投資家に一撃でやられてしまいます。

・資金管理の準備
・投資方法の準備
・メンタルの準備

これら3つの準備はエントリーする前から考えておきましょう。

もしも、リラックスしてトレードできなかったり、思いのほか利益が得られていない場合は、どれか欠けているのかもしれません。