始値・寄付きの時間帯は見送りした方が賢明かも知れません

日経225先物の投資戦略を研究しているUTAです。

今回は、寄り付きの時間帯における取り組み方を考えていきたいと思います。

この記事をご覧になって、少しでも投資の戦略に役立てたらと思います。

さて、日経225先物の寄り付き時間帯は午前8時45分になります。

そのあとに、日本市場は午前9時にオープンします。つまり、日本市場よりも15分早く取引が開始されるという事ですね。

そこで、皆さんはどのように行動されていますか?

基本的に寄り付き時間帯は建玉を持たない

結論から言いますと、私は寄り付きの時間帯はほとんど参加しません。

確かに、寄り付き時間帯は日経225先物の投資に参加しやすい時間帯だと思っています。

何故なら、投資に対して準備万端だからです。

この時間帯は、心の準備が整っているので、頭の中では新規エントリーしやすい状態になっているのです。

だから、開始早々にエントリーして、すぐに儲けたいという気持ちはわかります。

しかし、寄付きで取引すればどうなるでしょうか?

結構、そのあとの決済方法に困ってしまって、収支がプラスになるどころかマイナス方向へ進むパターンのほうが多くないですか?

寄り付き時間帯はマイナス収支に陥りやすい

つまり、一見すると利益を出しやすいように感じるのですが、実は仕掛けがいっぱい張り巡らされているんですね。

だから、最初の最初だけ順調だったけれど、価格が反転してしまって挙句の果てに損切りラインに来てしまったとか。

そんなことに巻き込まれるポイントが、寄り付き時間帯だと考えています。

あとは、海外投資家によるポジション調整が大きな原因だと思います。つまり、午前8時45分~9時までの時間帯です。

この時間帯を狙って、海外投資家は昨日のポジションを増やしたり減らしたりするとか。そうすると、価格は一気に動き出します。

その動き出しを予測できれば同じ方向性に向かって利益を載せられるかもしれません。

しかし、それは難しいでしょうね。結局、価格の初動は上昇するのか下落するのか。それは、海外投資家じゃないと分からないと思います。

寄り付き時間帯の対処法

では、どうすれば良いのでしょうか?

その答えは簡単です。

まず寄り付き時間帯は見守る事です。

もともと、寄付き時間帯というのは明確な投資材料に乏しいので、価格は上下どちらに動いていくのか分かりません。

もちろん、個人投資家の中には、寄り引け決済「寄り付き時間帯にエントリーして、大引けまでホールドして決済」する方法で、収益を向上している方もいるでしょうね。

ただし、そのやり方で収益を積み重ねるのは危険かもしれません。とにかく、寄り付き時間帯は「見送り」という選択肢がベストと言えるでしょう。

待つのも相場である

この時間帯は、待つのも相場であるという格言がぴったり当てはまります。

ココから仕掛けるというよりも、タイミングを計るためにポジションを持たずに見送る事。

寄付き時間帯にふさわしい相場の格言ですね。

とにかく、寄り付き時間帯は売買するタイミングではないです。むしろ、海外投資家の仕掛けに巻き込まれてしまって、結果的にマイナス収支に陥りやすいです。

最初の時間帯で引っかかってしまうと、そのあとの対処に困ります。大切なのは資金を減らさないという事なので、寄り付き時間帯は我慢をして見送ること。

それができるようになると、収益を減らさないで済むことに気がづくと思います。