ボリンジャーバンドは最強のテクニカル指標

皆さんは、トレード分析する時にどんなテクニカル指標を使っていますか?

恐らく、多くの個人投資家が使っている指標と言えば、ボリンジャーバンドかも知れませんね。

とにかく、テクニカル分析の中でも有名な指標ですから。

使い方としては、価格がどのシグマラインにあるのか。その時に、買い場と売り場を見つける為に使いますね。

・1番線の辺りで株価が推移する確率 (1σ) 約68.3%

・2番線の辺りで株価が推移する確率 (2σ) 約95.5%

・3番線の辺りで株価が推移する確率 (3σ) 約99.7%

もし、価格は3σ辺りに位置しているのであれば、逆張りのサインです。

もう間もなく2σ、1σ辺りまで回復するという見方になります。

ただし、価格が乱高下している時はテクニカル分析が通用しなくなります。なので、価格が停滞相場の時に使用すると、信頼度がアップします。

元々、順張り手法として用いられたボリンジャーバンド。

これを踏まえて、信頼度の高いシグナルがあります。

日経225先物60分足 + ボリンジャーバンドの使い方

特に、価格が安定している相場に使います。

・価格が、一時的に+2σを上値抜けた まもなく売りサイン
・価格が、一時的に-2σを下値抜けた まもなく買いサイン

ちなみに、価格が安定している時期に2σに到達する確率は95.5%です。

要するに、時間が経過すれば1σに向けて進行する可能性が高いわけです。

これだけでも、かなり信頼度が高いテクニカル指標だと考えています。

とにかくボリンジャーバンドで良く使われる手法です。かつ教科書通りのやり方です。ただし、ボリンジャーバンドは過去の一定期間の動きを基にしていますので、将来の株価が、必ずボリンジャーバンド以内に収まるとは限りません。

ボリンジャーバンド + その他テクニカル指標を追加する

例えば、相場が閑散として出来高が少なかったり、価格が急騰する時、価格が急落する時など。信頼度が極めて低くなります。

こういう時期に、サイン通りに売買すると、利益よりも損失の方が大きくなってしまいます。

そして、ボリンジャーバンドは分かりやすく使いやすいので、そんな重要ではないにもかかわらず何度も使おうと考えてしまいます。

その時点で、正しい使い方を身につけていれば良いのですが、間違った使い方を身に付けてしまった場合。

そこから、連敗に連敗を重ねてしまうという非常に恐ろしい結末が待っています。

だからこそ、その他の指標と組み合わせて使用する方法が理想です。

・ボリンジャーバンド + DMI

・ボリンジャーバンド + MACD

・ボリンジャーバンド + スローストキャスティクス

テクニカル指標は組み合わせて信頼度をアップさせる

テクニカル指標は、組み合わせ方によっては、売買サインのシグナルと信頼度は変わってくるとおもいます。

とにかく、自分に合ったテクニカル指標を組み合わせると良いでしょう。

このように、過去のデータを使って検証したり様々な視点から価格を捉える。

そういう積み重ねによって、独自のトレード戦略が完成してくるのかも知れないですね。

ただし、相場というのは非常に厳しい環境です。

時間をかけて作り上げたトレード検証は、必ず結果として結び付くわけではありません。

テクニカル分析する事で売買タイミングを発見する

ただし、テクニカル分析をしながら検証していると、相場の癖が理解できるようになります。

要するに、新規エントリーのタイミング。

そして、損切り&利食いに迷いがなくなるなど。

だから、ある程度のチャートパターンが頭に記憶されているので、売買のタイミングがスムーズになるという事ですね。

相場で迷いが生じなければ、心理的な負担は減ります。

そうすれば、素早いトレード戦略と安定感をもって相場に望むことが出来るわけです。

とにかく、時間がある時で構いません。

価格を、様々な角度から捉えて検証を試してみてください。

研究、検証にはお金はかかりません。

かかるのは、自分の労力と時間だけです。そこから、何かが生まれてきたらそれは儲けものです。

このように真剣に相場を研究すると、パターンが理解できるようになります。