4つのポイントを抑えて損切りマスターになる

今回は、個人投資家が苦手な損切りについて考えていきたいと思います。

とにかく、損切りというのはいつになっても慣れるものではありませんから。

ただし、そのまま放置してしまえば大損になるのは分かっているので、しっかりと損切りという場面を理解しておいた方が良いと思います。

では、早速行きましょう。

まず、新規エントリーしたあとに、価格が真逆の方向に進んでしまって、損切りを迫られる場面というのは必ず起こります。

ちなみに損切りは、自分の建玉の損失を最小限に抑える戦略だと考えています。

そして、価格が自分の建玉と真逆に進んだ時に、やむを得ずロスカットする。

これって、言葉であらわすと簡単なのですが、いざ損切りの場面が迫ってくると躊躇してしまうんですよね。

何故なんでしょうか。

そして躊躇した挙句に、自分が設定した損切りラインを守らないで、ずるずる含み損を膨張させて、冷静になったところでロスカット。

損切り貧乏の確定ですね。

こんなことを繰り返してしまうと、いくら資金があっても足りません。

なので、この辺でもう一度、損切りについて考えていきましょう。

基本的な考えとして、利益を伸ばすことよりも損失を抑えること。

そうすれば、収益というのは簡単に改善できるんじゃないでしょうか。

ここで、4つのポイントに分けて損切りの戦略を考えていきましょう。

①エントリーする前から損切りラインを決めておく

まず、エントリーする前から損切りラインを決めておくことが大切だと思います。

これで、新しくエントリーを入れても、ゴールラインが見えて一区切りできます。

ここでは、どの辺りで利益を出せば良いのか。

という感覚は個人投資家は得意なのでここでは省きます。

問題は、どの辺りまで損失を許容できるのか。

ということを考えている個人投資家は、非常に少ないかも知れません。

ただし、リスク回避のため損切りラインを設定しなければ、含み損になった時に底なしになります。

とにかく、健全なトレードを目指していくのであれば、損切りラインの位置を最優先にするべきでしょう。

②エントリーしたあとに逆指値を設定しておく

これは、かなり大切ですね。

今のところ、損失を最小限に抑えるための方法は逆指値の設定です。

要するに、証券会社のツールを利用して機械的にロスカットを行う。

もし、自分の建玉が真逆の方向へ進んだ場合。

想像をはるかに超えて焦ってしまいます。そこで、あらかじめ逆指値を設定しておくと損切りの決心が固まります。

要するに、最大損失はいくらなのか把握することができます。

これって簡単な事なんですが、個人投資家の方は逆指値を活用していない人が多いです。

それには理由があって、エントリー前から損失の事よりも、利益の事しか考えていないからです。

この場面から、どれくらい利益を出せるだろうか?しか考えてないからです。

ただし、そんな考え方を継続していると、いくら資金がいくらあっても足りません。

とにかく、自分のトレードを制御する為にも逆指値の設定は行いましょう。

③損切りは不安要素を取り除いてくれる

損切りは不安要素を取り除いてくれます。

相場で大切なのはトレードの一貫性を保つことです。

つまり、新規エントリーはスタートライン。

そして、利食いと損切りはゴールラインになります。

相場でダメージを受ける場面というのは、含み損を抱えている時間帯です。これは、精神的にキツイです。

あの時、こうしておけばよかったとか含み損になると、あとになって後悔することがあります。

相場から受けた不安要素って、かなり粘着性があるので引きずってしまいます。

その不安を回避するため、自分で決めた損切りラインを確定させることです。

そうすることで、最小限の傷あとで済みます。

④相場の動きを正確に捉えることは難しい

相場は、つねに不規則な動きをします。

つまり相場の1分後は、どうなるのか誰にもわからない。

まして1時間後なんて、誰も予測することができないわけです。

とにかく、相場の値動きというのはいろんな要素が混ざって決定されています。

例えば、政治的・経済的情勢。そして、地政学的なリスクなど。

こういうのは、警戒はしていても予測する事は出来ません。

なので、完璧を求めて相場の動きを捉えるのではなく、ある程度の俯瞰した捉え方が必要になります。

まとめ

それではまとめます。

①エントリーする前から損切りラインを決めておく

②エントリーしたあとに逆指値を設定しておく

③損切りは不安要素を取り除いてくれる

④相場の動きを正確に捉えることは難しい

相場で生き残るためには、自分の資産を守る事が優先です。

そして、相場の戦略で優先して学ばなければならないことが損切りだと思っています。

この4つのポイントを抑えながら自分なりのトレード戦略を作り上げて行って下さい。