日経225先物の投資・運営者の【UTA】です。

はじめまして!!

日経225先物の投資・運営者の【UTA】です。

現在、新しい「トレード戦略」を開発中です。

投資の戦略は、資金100万円で年率100%を目指す。

実際に、2020年度・【元本2.1倍】年率109%を達成。

ちなみに、最初の資金は100万円です。

まず利益を優先するより、相場に馴染むようなトレード戦略を優先しました。

そう考えて、毎日の実践的なトレードに取り組みました。

投資経験者であれば、2020年の乱高下相場はご存じでしょう。

あのような激動の乱高下相場は、もう到来しないかも知れません。

あの相場でも、資金100万円で年率109%達成できました。

ちなみに、私はデイトレーダーではありません。

要するに、トレードしない日は「見送り」です。そして時間が余ります。そういう日は、チャートは監視していますが、実践的なトレードは小休止しています。

当然のことながら、毎日、毎週、毎月の収支はプラスではありません。つまり、百戦錬磨の夢のようなトレード戦略ではありません。

とにかく、1年間の収益を100%向上させる。

2020年度は投資資金100万円。結果として収益209万円達成することができました。

最初は、年率20%~30%が見込める緻密な「トレード戦略」として着手しました。だからこそ、いまでも無理のないトレード手法を手に入れることが出来たのかもしれません。

当然、資金管理においても徹底した戦略です。

現在も、トレード戦略なども強化されて日経225先物のトレードに参加しています。とにかく順調に収益を積み重ねています。

安定した利益を出すまでに1年間の時間が必要になる

投資の戦略で必要な要素は3つ。

それは、資金管理、独自トレード手法、心理的な部分です。

この3つの要素を徹底的に分析たことによって、相場で迷わなくなりました。

しかし、そこまでたどり着くのに相当な労力を費やしました。そして、ある程度の資金なども費やしました。とにかく、時間、労力、資金など。すべてにおいて身を削った出来事を経験しましたね。

最初の頃は収益率はほとんど伸びることはありませんでした。つまり、相場で悩む停滞期「スランプ」が続きました。理由は簡単でした。社会の常識的思考を、相場に当てはめていた。つまり、相場の世界は、【常識】というカテゴリーが通用しない。

とにかく、何度も経験した停滞期において、新しいトレード手法を、何度も試しました。そして、思ったようなパフォーマンスが向上しないから、何回も試行錯誤するという日々が続きました。1日8時間~10時間程度かけて、ほぼ365日間ひたすら研究と検証を繰り返していました。

そこから、本格的に収益を積み重ねることが出来るようになりました。つまり「独自のトレード戦略」を完成させることが出来たわけです。今考えれば、日経225先物の投資に対する「執着心」は相当強かったと思います。